• >
  • 太陽光発電とは?
  • >
  • 年間発電量シミュレーション

「太陽光発電システム」は、地域や季節、
設置方位などによって、発電量が違います。

日本各地の年間推定発電量

設置方位と傾斜角度による発電比率 [東京地区の場合]

設定する方位、角度などの条件によっても、得られる発電量が異なります。
「方位:真南」「傾斜角度:30°」が理想の設置条件となっています。

年間発電電力量比率 [真南・傾斜角30°設置を100%とした場合]
  方位角
0°(真南) 15° 30° 45°(南東・南西) 90°(東・西)


水平面 88.4% 88.4% 88.4% 88.4% 88.4%
10°(1.8寸) 94.3% 94.1% 93.4% 92.3% 87.6%
20°(3.6寸) 98.2% 97.8% 96.6% 94.6% 85.8%
30°(5.8寸) 100.0% 99.6% 97.8% 95.1% 82.8%
40°(8.4寸) 99.7% 99.0% 97.0% 93.6% 78.9%

※独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構/財団法人日本気象協会「日射関連データの作成調査」(平成10年3月)の日射量データを用いて算出した目安であり、実際の発電量とは異なります。
※発電量は、最大でも損失により太陽電池容量の70%~80%程度になります。
※太陽電池損失/温度補正係数1~3月・12月:10%、4~5月・10~11月:15%、6~9月20%。
※パワーコンディショナー損失5%、その他損失(汚れ、配線、回路)5%。
※こう配は、少数第2位を四捨五入しております。
※出典:NEDO技術開発機構「PV建築デザインガイド」より

スマートパワー株式会社

〒230-8571 横浜市鶴見区鶴見中央4-33-1 ナイスビル4階

ナイス株式会社

Copyright © Smart Power Corporation All Rights Reserved.

PAGE TOP